【売却全般に関するQ&A】

Q1. 不動産を売却しやすい時期は何時ごろでしょうか?
 ANSER.春先の年度の変わり目又は夏季休暇などの長期休暇に引越しをしようとお客様の購入についての需要が増えます。
     そこに合わせて準備を進めていきましょう。     
Q2. 不動産を売る時の流れは?
 ANSER.①まずは査定 ②媒介契約 ③お客様ご案内 ④売却のご契約 ⑤引越し ⑥残金の受取り(引渡し) 
 POINT. ⑤については『引渡し猶予1週間』付きの契約を締結する事により⑤を⑦にすることが出来ます。
Q3. 売り方の種類ってあるの?
 
ANSER.①売却先行型…(お買換えの場合)購入物件が見つかる前に不動産を売却する。(一度仮住まいが必要です)
     ②売却後方型…購入物件が見つかってから不動産を売却する。(買取保証制度の利用により安心してギリギリまで
                                            販売活動をして頂けます。)

Q4. 買取制度とは?
 
ANSER.当社は買取保証制度を致しております。お客様がお買換えで購入物件の引き渡し時期が迫ってきている中で売却の
     目途がたっていない場合・・・当社の買取保証制度により値付け(買取)価格が確定し尚且つ早い段階で確定した価格
     が決まっていればお客様も安心して頂けます。その場合はあさひホームが買主となります。     

Q5. 媒介契約の種類は?
 ANSER.★一般媒介契約…複数の不動産屋に売却の依頼が出来ます。お客様を決めた下さった不動産会社に規定の仲介手数料を
            支払います。デメリット:売却の窓口が複数の為に複数の不動産から連絡が来てしまう
     ★専任媒介契約…一つの不動産屋さんを選任し売却の依頼をします。売主自ら買手を探した場合は仲介手数料の
             支払いが免除されます。
     ★専属専任媒介契約…一つの不動産屋さんに専属で売却の依頼をします。売主自ら買手を探した場合でも仲介手数料が
              発生しますが、窓口を一つのできるので煩わしさは半減致します。

Q6. 住宅の売却から購入.入居まではどの位前から不動産会社に相談したらよいですか?
 
ANSER.住宅の売却・購入は『タイミングとご縁』です。未だ漠然としたお話でも大丈夫です。その段階で是非ご相談下さい。
Q7. 不動産会社を選ぶ基準は?
 ANSER.不動産会社を選ぶ基準は有りません。お客様の多種多様なお買換えのご相談に寄り添って、親身になって解決できる
     不動産屋さんを選択してください。相談しづらい・・・!営業マンとの相性も不動産屋を選ぶ重要なポイントです!   

Q8. ご近所などに知られたくない場合広告なしでも売却は出来ますか?
 ANSER.出来ます。不動産屋との媒介契約を選任又は専属で1社にお任せし、売却の窓口になってもらう事をお勧めします。
     広告には住居表示末尾は掲載せずに問合せが有ったお客様のみにお知らせするように最善の努力を致します。
     又、当社の買取保証制度をご利用すれば極秘で水面下での売却が可能です。     

Q9. 買い手からの印象を良くするコツは?
 ANSER.陽当りや風通しを良くして内見して頂きましょう。内見の際には照明は全て点灯し明るさをアピールして見てもらい
     ましょう。出来るだけ荷物を減らし、すっきりと広く見えるようにお掃除も欠かさずお願いします。

Q10. 住みながら売却活動は出来ますか?
 ANSER.買主様は住んでいる方がどんな方なのか?契約前に実際にお話が聞けるタイミングが出来る事は良い事です。
     内見希望のお客様が居たら…積極的に時間を作り多くの方にご自宅を見て頂きましょう!

Q11. 事故物件・瑕疵物件でも売れますか?
 ANSER.事故物件…お祓いをして頂き販売活動に進める事をお勧めします。
     瑕疵物件…瑕疵の箇所を告知して販売できます。(瑕疵担保免責)ご納得して頂いたお客様が購入をして下さいます。

【査定価格に関するQ&A】

Q1. 査定はどの様に行ってますか?
 
ANSER.査定には①簡易査定…住所・土地.建物の広さ・築年月・道路付け等お知らせください。
               周辺の事例から販売価格を査定いたします。(FAX・メール対応いたします。)
         ②買取査定…公図・登記簿謄本・測量図・路線価・周辺売買事例などを基に具体的に当社が買取る価格の
               ご提案をさせて頂きます。
         ③実勢査定…実際に内見させていただき・公図・登記簿謄本・測量図・周辺の販売事例等から販売出値から
               価格のご提案・お客様のご条件により価格を査定いたします。

Q2. 持ち家がいつまでも売れない時はどうすれば良い?
 
ANSER.3か月ごとの媒介契約の更新とともに価格の見直しのご提案をさせて頂きます。「物件が売れない!」という事が
     ないように当社の買取保証制度のご提案もさせて頂きます。

Q3. 不動産を急いで売却したいときはどうすれば良いでしょう?
 
ANSER.当社には買取保証制度が御座いますので直ぐに現金化にさせていただきます。
Q4. 査定価格より高く価格設定しても売却できる?
 
ANSER.査定価格は立地・周辺の環境や相場・需要・からみて不動産屋からのご提案で出す価格です。
     3か月の媒介期間の中で販売当初はお客様のご希望価格にて販売出来て様子(需要)を検討する事が出来ます。

Q5. 売却価格は途中で自由に変更できる?
 
ANSER.媒介期間は3か月御座います。その中で専任媒介・専属専任媒介は1週間ごとの不動産屋からの販売報告が義務ずけ
     になっておりますのでユーザーからの反響数・不動産屋さんからの反響数・実際の感触を探りながら3か月以内でも
     価格の見直しが出来ます。


【売却に掛かる費用に関するQ&A】

Q1. 売却するときに掛かる費用は?
 
ANSER.売却に掛かる費用としては登記費用(抹消・住所移転)5万円前後程度・仲介手数料(売却価格×3%+6万円×消費税)
     お客様の資金内容によりご相談できます。買取保証にて当社が買取りさせて頂いた場合の仲介手数料は不要です。

Q2. 売却の為に掛かる広告費用などは、手数料とは別に払うの?
 
ANSER.広告にはネット広告掲載・不動産流通機構登録・新聞折り込み・紙代等が掛かりますが、当社は一切頂きません。
Q3. 不動産の売却時にも税金は掛かるの?
 
ANSER.短期譲渡取得(購入後5年以内に売却)・長期譲渡取得と2種類の課税方法が御座います。取得後の年数により税率が
     違います。購入した価格より売却価格に売却損が発生した場合は居住用財産に税金は掛かりません。
     
Q4. 住宅ローン残債が多いと買替は出来ない?
 ANSER.査定価格より住宅ローン残債額が多い場合は売却資金+自己資金で住宅ローン全額を返済する必要が有ります。又は
    金融機関にも補う分の資金を出してくれる銀行も有りますので、一度ご相談してみてください。
Q5. 売却した場合は確定申告が必要?
 ANSER.必ず管轄の税務署に申告して下さい。購入した時の価格より高く売却が出来たら、利益分に対して税金がかかります。
     売却の損金が出た場合には税金は掛かりませんので税務署への申告が必要です。
Q6. 売却した年の固定資産税はどうなる?
 ANSER.一年間365日の日割精算になります。(売主)1月1日~物件引渡し日までの日数・(買主)物件引き受け日から12月31日
     までの日数 の売主・買主間の負担割合になります。決済日に精算いたします。
Q7. 一般的な代金決済の方法は?
 
ANSER.現金又は預金小切手にて売主に残金を支払います。現金とは住宅ローンを利用されるお客様も金融機関から一括して
     売主へ支払います。

【修繕・リフォームに関するQ&A】

Q1. 売出前にリフォームした方が有利に高く売れますか?
   
ANSER.確かに見栄えは良くなると思いますが、買手さんが思うようなリフォームが出来て、その分価格で引いてあげると
     お得感みたいな感覚で結論の判断材料となりスムーズに契約できる可能性が有ります。

Q2. 不要な家具が有る場合、売る時には全部処分しないといけない?
  
ANSER.買主に家具が必要か不必要か訊ねて不必要との答えであれば処分をお願いします。リサイクルショップに
      売却するのも一つの手かと思います。

Q3. エアコンなどの住宅設備に不具合がある場合は修理をしなくてはいけない?
  ANSER.買手さんが持参する可能性も有ります。契約時に買手さんに相談し修理か?撤去か?決めて頂きましょう。
Q4. 売却する前に準備するものは何?
  
ANSER.購入した時の書類一式・権利証・

Q5. 権利証が見当たらず紛失してしまったようだが大丈夫?
  
ANSER.大丈夫です!事前に登記所の方で本人確認のために事前通知を行います。本人限定受取郵便にて届き2週間以内に
     返送してください。
     又費用は掛かりますが司法書士代行の元、お手続きも可能です。
Q6. 不動産が他人名義になっているが売却できる?
  
ANSER.基本的に他人名義の不動産は売却できません。但し代理委任されている場合は本人の意思確認を経て売却可能です

Q7. 夫婦で共有名義になっている場合、特別な手続きが必要?
  
ANSER.特別な手続きは必要ありません。

売却査定依頼